目黒区社会人1年生(旧 神大留年生)

飲み込んでやるぜ、大東京

レポート評定【可】の俺が「自己プロデュース力」を勝手にまとめる

自己プロデュース力. 

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)

 

ペラ1サマリf:id:abogado2211:20181118233148p:plain

所感

島田紳助は芸人として売れるべくして売れたんだなってわかる一冊でした。
生き方として尊敬できるしかっこよすぎる。

自分たちが誰を笑わせたいのか、どの世代のどんな人たちなのか、そのためにどんなネタを作るのか、というのが、まず最初に考えるべきこと。
そのためには、とにかくたくさん漫才を観なくてはいけません。

お笑いって感覚的要素が多いようにも思えるが、島田紳助はビジネスのように競合となる芸人と流行を分析。自分のターゲットとキャラを見つけて、徹底的にとがり続ける。

僕は自分が「オモロイ!」と思った漫才師の漫才を、片っ端からカセット・テープに録音していきました。その頃は、録音機材といったら大きなラジカセしかなかったから、それをテレビの前に置いてね。劇場まで持って行ったこともありました。普通に持って行ったら怒られるから、鞄に忍ばせて。

分析の過程で島田紳助は劇場にラジカセを持って行き、何度も聞いて文字に起こして、どこでウケているのかを考え続けるところがあります。ちゃんと努力が裏付けとしてあるから圧倒的な自信を持って行動ができる。例えば、勝てない場所では戦わない。ターゲットでない相手は適当にあしらう。

んーーーーー、人としてかっこいい
最近読んだ「秋元康の仕事学」

www.shunpoc.com

秋元康と違って努力の過程が明記されてたので、こちらの方が共感できました◯

備考

明石家さんま島田紳助オール巨人が開講したばかりの吉本NSC
「一人組だけ凄い奴おるで。」
と意見が一致した芸人が、一期生だったダウンタウン
そして紳助竜介の解散のきっかけになった話ほんまに好き。

レポート評定【可】の俺が「秋元康の仕事学」を勝手にまとめる

秋元康の仕事学. 

秋元康の仕事学 ( )

秋元康の仕事学 ( )

 

ペラ1サマリ

f:id:abogado2211:20181118172701p:plain

所感

名言が並ぶ一冊。秋元康すごい(小並感)。
結論としては

自分に自信持たないと何も始まらないよ、無根拠でいいから自信持って 

 的なこと。自分に自信を持つと、日頃の面白いなって思うことをストックしていける。
ホームランを打つには過去のヒット作の焼き回しではなく、そのストックから今までにない自分自身の観点からの企画を作り上げていく必要がある。
その時には否定もされるかもしれないし、予測通りにも行かないかもしれない。
それでも、自信があることで軌道修正をしながらでも実行していける。

それが難しいよおおおおおおお

備考

秋元康開成中学を受験して落ちて、そこで初めて
自分の絶対受かるっていう主観と落ちるっていう客観的結果を見て
視点の違いに気づいたんやって。賢すぎるやろ。小6やぞ。

 

レポート評定【可】の俺が「心のなかの幸福のバケツ」を勝手にまとめる

心のなかの幸福のバケツ. 

心のなかの幸福のバケツ

心のなかの幸福のバケツ

 

ペラ1サマリ

f:id:abogado2211:20181118125256p:plain

所感

一番ドキッとした点は、

自分の言動が相手のバケツから水をくみとろうとしていないかどうか一度立ち止まって考える

という点。
自分に余裕がない時は相手のことを考えることができない。そんな時こそ、この視点を持つ必要がある。

相手のバケツから水を汲み取る時には自分のバケツの水も減っている

これは共感した。なんであんなこと言っちゃったんやろ... っていう自己嫌悪で凹みがち。
具体的エピソード混ぜ込みながらの説明と100pくらいなので簡単に読めた。
まあそうですよね、っていう点は多いけどこのくらいのボリュームで自分の態度改められるきっかけが得られるなら良い。
無料なんやから良いと思ったら人褒めよっと。

レポート評定【可】の俺が「入社1年目の教科書」を勝手にまとめる

入社1年目の教科書. 

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

 新卒が読むべき良書とされている、

ライフネット生命保険の副社長が説く新卒の心構え

【卒業旅行】サンフランシスコ・ロサンゼルス・ラスベガスで大学生を終えた【アメリカ 男二人旅行】

学生終了のお知らせ.

終わってしまった.
今この記事は東京社会人2ヶ月目が大学の卒業旅行を振り返って、お届けしております.
よろしくお願いします.

続きを読む

【卒業旅行4日目】アメリカ・サンフランシスコでコンバースCT70を買ってきた【恒例の現地購入】

やっぱUS企画だなあ.

アメリカのロサンゼルスでコンバースを買いました.
日本では多分売ってないカラーもあった、たぶん.
まずこんなに大きいコンバースショップを見たことがなかったのでめちゃくちゃテンション上がりました.

続きを読む