目黒区社会人1年生(旧 神大留年生)

飲み込んでやるぜ、大東京

レポート評定【可】の俺が「7つの習慣」を勝手にまとめる(前半)

 7つの習慣(私的成功まで)

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

めっちゃ偉い博士が説く人生を成功に導く哲学のお話.
7つの習慣を全うすれば幸せなれるよって言うてはる.

導入

いや、人間関係を円滑にするとか小手先の技術を学ぶ本、流行っているけど人間そんなんで幸せなれたら苦労無いから.もっと自分の根本から変わらんとあかんから.
今から君の人生の見方を変える7つの習慣教えるから、やったらいいから.

って偉い博士の人言うてて、まず全体図.


f:id:abogado2211:20180408191337p:plain

依存⇨自立⇨相互依存って変化していこってお話.

  1. 私的成功(第1~3の習慣):自分ごとから変えて、人に依存している状態から本当の意味で自立していこ
  2. 公的成功(第4~6の習慣):自立できたら、今度は周りにおる人に良い影響与えてこ
  3. 効果最大化(第7の習慣):あとは努力毎日積み重ねて幸せなろ

って感じです、きっと.

習慣1:主体性を発揮する

主体的とは「価値観に基づき自分で選択して行動すること」
=自分の人生に責任を持つこと.

自分でこう考えて正しいと思って選択した!
失敗しても自分で選んだし悔いはない!

↔︎反応的「受け身で人・感情・条件付けに左右される」

あの人がああ言ったからうまくいかなかったんだ
調子が悪かったから仕方ない

主体的であるか、ないかは自身の能力・成長に大きな影響を及ぼす.
特に主体的かどうかは問題に直面した時に顕著.
直面する問題は以下の3つに分類できてその対応は以下であるべき.

  1. 直接的にコントロールできる問題(自分の行動)⇨自分の習慣を変える
  2. 間接的にコントロールできる問題(他人と関係する行動)⇨影響を及ぼす方法変える
  3. コントロールできない問題(過去・誰も影響できない)⇨態度を変える

問題は自分の外にあると考えるなら、その考えこそが問題である

主体性を取り戻すには約束をして守ることを繰り返すことから始める

習慣2:目的を持って始める

主体的に自分で判断するにはどうするのか
⇨明確な判断基準、価値観が確立されていればいい
⇨「葬儀でどういう人だったと言われたいのか」を考える

自分の最後を意識することで自分にとって本当に大切なことベースで行動できる
人生の価値観・目的を明確にすることで

  1. 能率的に自己管理・目標達成
  2. 困難に対して価値観に基づいて反応を選択できる(主体的である)
  3. ブレない信条があることで、変化に対応できる他人や状況にコントロールされない

ミッションステートメント(個人的信条)を生活の役割ごとに立てる
⇨積極的、個人的、現在形、イメージできるもの・感情を表したもの
ex)仕事:仕事を通して人の助けとなり、人類の未来を切り開く

一番は自分が納得できる、守りたいと思える価値観であることなので
形式や文面はどう言う形でも良さそう.

習慣3:重要事項を優先する

=マネジメント:効果的な自己管理、優先して実行すること

時間は管理できるものではなく、唯一管理できるものは自分自身のみである

全ての物事はこの4つに分類される

f:id:abogado2211:20180408224358p:plain
緊急:すぐ対応しなければならないように見えるもの
重要:自分のミッション・価値観・優先順位の高い目標達成に結びついているもの

人は第2領域をおろそかにしがち
⇨第1領域の多発に繋がり、生活が圧迫されてしまう
⇨第2領域に時間を割くためには第3、4領域の時間を削る以外にない
⇨強い確立した価値観をもつこと、NOと言える強いYES
つまり第1、2の習慣に対する深い腹落ちと決意が自分を律することができる

自分の生活の役割の目標やミッションステートメントから
達成するためにやるべきことをスケジュール化する.
(=第2領域を行う時間をスケジュールに入れる)

個人的によかったところ

全ては自分自身の捉え方であるということ.
何事も自分から決断していくことで自分の人生に責任を持って生きたい社会人一年目.

どうでもいいけど、レペゼン地球が実質7つの習慣と同じようなこと言ってて全俺が泣いた.

www.youtube.com
----------------------------------------
他にも本を読んでいるよ!

shunpoc.hatenablog.com----------------------------------------