目黒区社会人1年生(旧 神大留年生)

飲み込んでやるぜ、大東京

レポート評定【可】の俺が「7つの習慣」を勝手にまとめる(後半)

  7つの習慣(公的成功まで)

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

めっちゃ偉い博士が説く人生を成功に導く哲学のお話.
7つの習慣を全うすれば幸せなれるよって言うてはる.

第1.2.3の習慣

過去記事からどうぞ.

shunpoc.hatenablog.com

f:id:abogado2211:20180408191337p:plain

習慣4:win-winを考える

WIn-Win:お互いにとって良い結果をもたらす
・Win-Lose:競い合い、勝負
・Lose-Win:譲り、自分を殺し放任
・Lose-Lose:敵の失敗、損を一番に考え自身の身も削る
・Win:人のことは考えず自分の勝利だけ

状況によってはケースバイケースでどれも正解となるが
Win-Win or No Deal:どちらも良い結果でないのであれば取引しない

互いにわだかまりの残さない選択肢を考慮することで余裕ができる

Win-Winの選択肢を取るために必要な要素として

  1. 人格
    ・誠実:自分自身に価値を置くこと.
    ・成熟:相手の考え・感情を考慮して自分の信念、考えを伝えることができる、勇気と思いやりのバランス.
    ・豊かさマインド:この世の全てのものは全員に十分行き渡りあまりあるほどたっぷりあるという考えができ、他者の成功や喜びを分かち合える.↔︎欠乏マインド:人の失敗を願い、嫉妬して、自分と比較し競争する、自尊心を保つためにモノを所有し、押さえつけ他者をコントロール下に置く
  2. 人間関係:信頼し合っていることが必要.

    具体的な相手への信頼を貯める方法として
    ・相手を理解する:相手のニーズと関心を知って価値観を大事にする
    ・約束を守る
    ・期待を明確にする:最初に当事者全員の期待を洗い出す
    ・誠実さを示す
    ・信頼を裏切った時は素直に心から謝る:動機や最初の誤りをごまかして正当化することは傲慢さは確信を持った心から起こした間違い
    ・小さなことを気遣う

  3. 協定:Win-Winの中身を明確にして到るまでの道筋、以下を決める必要がある
    ・望む結果:いつまでに達成するか
    ガイドライン:守るべき基準、達成するために
    ・リソース:達成するために使える人員、資金、技術、組織サポート
    ・責任に対する報告:評価者、評価基準、評価の時期
    ・評価結果:達成度合い、貢献度合い、賞罰、評価結果(金銭的、心理的、機会、責任)としてどうなるのか
  4. システム:目標と価値観を互いに実現するための給与体制などの設定


以上の要素を揃えた上でWin-Winの結果を得るためのプロセス

  1. 相手の視点に立ってニーズと関心を理解しようとする
  2. 対処すべき問題点を見極める
  3. どんな結果であれば受け入れることができるのか明確にする
  4. 到達するための方法として新しい選択肢を見つける

習慣5:まず理解に徹し、そして理解される

共感による傾聴:相手を理解しようとして聞くことが大事.
相手の話を聞く時としてのダメな例として

・評価する:賛成or反対
・探る:自分の視点からの質問
・助言する:自分の経験から助言
・解釈する:自分の経験から相手の行動、言動を説明

相手の話を聞く時としての良い例

・相手の言葉をそのまま繰り返す
・相手の言葉を自分の言葉に置き換える
・相手の気持ちを言葉にする

相手の話を深く聞くには自身の自己開示が必要となる.
自分自身が心を開くために相手の影響を受け傷つく可能性がある.
⇨自身の強い安定性が必要(習慣1.2.3の必要性)

習慣6:シナジーを作り出す

他の全ての習慣の達成と、その最終目的.
シナジー=全体合計が各総和より大きくなること
自身も相手も心の内をさらけ出すことから生まれる創造的共感.

他者とシナジーを生み出すにはまず自分の中でシナジーを生み出す
⇨習慣1.2.3.で自分をさらけ出してもぐらつかない自信と安定性
⇨習慣4.5.でWin-Winを考える・豊かさマインド・傾聴を体現する
その上で、その場にいる全員に対して

・高い信頼があること
Win-Winを考える姿勢
・まず相手を理解しようとする

重要な意識として「違いを尊重する」

・「自分はあるがまま」を見ていることに気づく
・違いがあるからこそ人は興味が沸く
・正解・不正解の二者択一ではない(Win-Win or No Deal)

習慣7:刃を研ぐ

成果を生み出す能力を増長させるには人間の4つの側面(肉体・精神・知性・社会情緒)に1日1時間は投資すること.

  1. 肉体投資:
    体に良いものを食べて十分な休養と適度な運動
    運動継続のメリットとして辛いことに対して自ら取り組むことで、第一の習慣の主体的になることも鍛えられる
  2. 精神的投資:
    人生に対してリーダーシップを与え、核・中心・価値観を守り抜く意思を磨く.
    自分の人生を自分で守るためにリーダーシップを生活中心に置いて自分自身の人生の方向づけをする(第二の習慣の意識)
    具体的手法は人それぞれだが瞑想や人生の最後を意識して生活をする.
  3. 知的投資:
    まずはTVとの付き合い方などダラダラやり続けてしまうことをセルフマネジメント(第三の習慣)して、知的投資の時間を確保する.
    価値観に合う適切な情報を得られてインスピレーションを刺激するもの.
    ⇨本を読むこと
    読む際も著者の気持ちに立って何を伝えたいのかを意識する(第五の習慣)
    ⇨文章を書くこと
    明確に考え、わかりやすく論理的に説明しようとすることで効果的理解.
  4. 社会・情緒:
    心の安定は他人からの評価や扱いからではなく、心の奥深くの価値観と一致する習慣・誠実な生き方をすることで自分の内側から生まれるもの.
    大切な自分の価値観・目的のために働いている実感が伴えば仕事も心の安定剤となりうる.

個人的にすごいよかったところ

全ての習慣が繋がって回っていることが印象的.
騙されたと思ってまずは筋トレと本を読んでブログに書くという努力をすることで自分に対しての自信と安定が得れそうなのでやります.
騙されてゴリマッチョ図書委員になります.

----------------------------------------
他にも本を読んでいるよ!

shunpoc.hatenablog.com----------------------------------------