目黒区社会人1年生(旧 神大留年生)

飲み込んでやるぜ、大東京

レポート評定【可】の俺が「ビジョナリー・カンパニー2 -飛躍の法則-」を勝手にまとめる

ビジョナリー・カンパニー2 -飛躍の法則-

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

 

良い企業から偉大な企業になるための要素を
すごい人たちがめっちゃ調べて要素を抽出したよってお話.

全体図

f:id:abogado2211:20180410211341j:plain

多分一番言いたいこと

本当の問題は「なぜ偉大さを追求するか」ではなく、「どの仕事なら偉大さを追求せずにはいられないのか」。
「なぜ偉大さを追求しなければならないのか、そこそこの成功で十分ではないのか」
と問わなければならないのであれば、おそらく仕事の選択を間違えている 

第五水準の指導者

・偉大な企業へと導いた指導者は個人としての以下の二つの矛盾する要素を併せ持つ.

謙虚さ
自分のおかげで成功があることは考えず、他の要因に感謝する.
失敗に関してはトップである自分の責任であることを素直に認める.
自身の力を誇示するために後継者を選ぶことはない.
職業人としての意思
熱狂的に意欲が強く、偉大な企業になるには困難や大きな決断も下す
勤勉に仕事をする.
強い野心は自分自身のためではなく企業のために向けられている.

最初に人を選んでから目標を選ぶ

偉大な指導者は「適切な人を選んで」から、そのあとに戦略・戦術・技術・組織構造も含めて「何をすべきか」を決める.
適切な人員配置であれば社員の動機づけは必要なく、自ら意欲的に働く.
偉大な企業の人事の意思決定は以下.

1.妥協して採用することはなく、適切な人材を探し続けて採用し維持する.
2.人を入れ替える必要を感じた時に配置を変えるのか、会社に合っていないのか検討.
3.最高の人材は最高の機会の追求に当て、最大の問題の解決には当てない.
4.経営陣は自分の利害問わずに偉大な企業になることを一番に考え最善の答えを支持する人たちで構成される.
5.適切な人材かどうかは、専門知識・学歴・業務経験・性格・基礎能力を元に判断する.

厳しい現実を直視する

まず自身が置かれている現実の中で最も厳しい現実を直視し、ストックデールの逆説(どれほどの困難にぶつかっても最後には必ず勝つという意思を持つ)を持って、そのことに真摯に取り組むことで正しい決定を下すことができる.
※厳しい現実を無視して進めることは最も社員のやる気を削ぐ行為.

上司が意見を聞く機会、究極的には真実に耳を傾ける企業文化がある.
具体的な企業文化としては以下.

1.答えではなく質問に寄って誘導する
2.対話と論争を行い、強制はしない
3.解剖を行い、非難はしない
4.現場の声を無視できない情報に変える仕組み

ハリネズミの概念

f:id:abogado2211:20180410211345j:plain
偉大な企業は3つの枠が重なる部分の理解と単純明快なハリネズミの概念(肝心要の点を知っており、執着すること)を確立し、理解している.
自社が「世界一になれる」部分はどこか、「世界一になれない」部分はどこかの理解がある.
中核事業で世界一になれないのであれば中核事業はハリネズミの概念の基礎にならない.

規律の文化

自ら規律を守り、規則ある行動をとり、3つの円が重なる部分を重視する人たちが集まる企業文化を作り上げることが偉大な業績を維持するカギであり、3つの円が重なる部分ではないものであればどんな機会も見送る意思が重要.
※止めるべきことのリストはやるべきことのリストよりも重要である

偉大な企業の規律の文化には二面性がある

1.一貫性のあるシステムを守る人たちが必要
2.システムの枠組みの中で自由と責任を与える

促進剤としての技術

偉大な企業は技術の流行には乗らず、慎重に吟味した技術の利用において先駆者となっている.
その技術を使うかどうかの判断基準はハリネズミの概念に直接適合しているかどうか.
技術を適切に使うことは勢いの促進剤にはなるが、勢いを作り出すわけではない.

弾み車と悪循環

偉大な企業への道のりは日々の地道な積み重ねである
当初はわずかに前進させるのにも大きな努力が必要だが、長期にわたって一貫性を持って一つの方向に押し続ければ弾み車に勢いがつき、回り始める

新卒の俺に刺さったところ

・自分自身の強み・弱みを真っ正面から理解すること
・その上でどんな困難であったとしても現実に向き合い、達成できると確信して取り組むこと
は新卒1年目の僕にとっても必要なこと.
ただ正直この本めっちゃ事例すごくてとっつきにくい.
(自分の理解力が圧倒的にザコい)
(自分自身の弱みを真っ正面から理解すること)

----------------------------------------
他にも本を読んでいるよ!

shunpoc.hatenablog.com

 

shunpoc.hatenablog.com
 ----------------------------------------